失敗しない 保険見直し

養老保険を全額損金に計上して節税効果を高める

養老保険は生命保険の中でも貯蓄型の保険になります。
例えば、養老保険は利息収入が得られないということ、万が一の際、掛け捨てと比較すると保障が弱いのではないかと言う意見も見受けられます。

 

しかし、養老保険を有効活用することで、特に経営者様や役職者の方にとって有用な節税対策につながります。
今回ご紹介する手法は、生命保険による控除に強い一部の税理士等の間では最近流行している手法です。

 

今まで、保険商品を利用した節税対策というと、がん保険が定番でした。がんの発生時にかかる費用を考慮すると、保険商品として魅力を感じる方も少なくありません。

 

さらに、全額損金計上できることから、多くの経営者の方にとって節税面でも効果的な保険商品だったのです。

 

しかし、がん保険が平成23年度3月をもって、税務通達により1/2損金として計上されることになってしまいました。

 

このことから、節税効果の点において効果が低くなってしまったのです。

 

また、今までも一部の保険商品では全額損失計上が可能でした。しかし、解約返戻金が期待できるほどの額ではないということから、魅力を感じられないという人もいらっしゃいます。

 

養老保険は通常、1/2損金の保険商品です。しかし、全額損金のプランに切り替えることで個人所得を増やすことができます。

 

特に、年収2,000万円以上の方にとっては非常に効果的。全額損金の養老保険を活用することで50%の所得税や住民税を抑えることができるのです。

暫定の保険見直しサイトランキング (実際に保険相談した結果です)

保険のビュッフェ   うれしい5000円商品券もらえる
保険相談 マネモ 対応が早い
保険マンモス(老舗です)
保険見直しランキング4位 ほけんの窓口(社長が騒がしてランクダウン) 保険見直しランキング5位 あなたのFP SBIリビング