失敗しない 保険見直し

子どもが生まれたら学資保険の検討を

子どもが生まれ、喜びに包まれているその時こそ、学資保険のことを考えるチャンスでもあります。

 

学資保険は子どものための備えとなり、成長に合わせた必要な教育資金をちょうどいいタイミングで受けられる貯蓄型の保険です。

 

学資保険にはほとんどの保険会社が年齢制限を設けています。

 

生まれる前から加入できるものなど増えてきて下限は今後下がる可能性もありますが、上限はほぼ変化しておらず、中心となるのは6,7歳が上限というタイプです。

 

ちょうど小学校1年生くらいまでということになります。

 

一部にはさらに上でも入れるものもあるようですが、基本的には学資保険は年齢が低いうちに入った方が楽であり、総保険料額から考えても同じ保険で考えれば得であるケースが多いようです。

 

どんな保険もそうですが、年齢は若いほうが基本的に保険料は安くなります。

 

だからこそ、生まれたら早めに(もしくは生まれる前から)学資保険の検討をする必要があるのです。さらにケガや病気の時の医療保障付のものなら子育ての不安も緩和されます。

 

教育資金というものはいずれは必ずかかるお金です。どうせ貯めなくてはいけないなら、いち早く、楽に始められるうちに準備を始めておけば、後で慌てることもありません。

暫定の保険見直しサイトランキング (実際に保険相談した結果です)

保険のビュッフェ   うれしい5000円商品券もらえる
保険相談 マネモ 対応が早い
保険マンモス(老舗です)
保険見直しランキング4位 ほけんの窓口(社長が騒がしてランクダウン) 保険見直しランキング5位 あなたのFP SBIリビング